Pokemon Ultravisitor

「異世界からの来訪者」――平行世界のポケモン対戦&ゲーム考察――

つよいぞ! 爪じばくカビ!!袋とじ記事

f:id:yasupoke:20151122012056p:plain

爪カビ解説記事のおまけ記事です!!

特集は2つもあるよ!!

①第二世代の爪カビアレンジ集

②全世代のせんせいのツメ考察と爪カビ比較

 

 

●爪カビアレンジ集

f:id:yasupoke:20150924011018g:plain

 のしかかり のろい サブ技 じばく@せんせいのツメ

①サブ技の選択肢

現状の2000残飯のろいじばくカビのサブ技はじしんが8~9割くらい、だいもんじが2割くらいだと思うが、爪カビに関してはまだ新しい型だしもっと自由な発想を持っていいと思う。

以下にざっくり案を紹介~!!

 

 

・じしん ⇒ のろい1積みでゲンガー確定1発、ムウマほぼ確定2発。

ゴーストはみちづれがあり、いわタイプはサイドンゴローニャもカビ受けの役割からのろい持ちが多い。対バンギも型の多さや爆パンなどから安定はしない。

安定感と幅広い役割を求められる残飯カビに相性のいい広範囲技のじしんは、

もっとスピーディかつピンポイント気味に1vs2交換を狙う爪カビにじつはあまり適していない。

 

じしんの攻撃範囲でみると、

ゴーストを重視 ⇒ ナッシーも狙えるシャドーボール

地面いわ全般 ⇒ なみのり

ハガネール+鋼 ⇒ だいもんじ 

と狙いを絞ったほうがいいかもしれない。

 

 

だいもんじ ⇒ エアネールフォレハッサムを逆に起点にできて、はまれば簡単に1vs2交換にもっていける。地味にナッシーパルにも打点がある。

高い威力も大きな魅力。交代際にゴーストを削ることも。

欠点としては、命中率が低いこと。

特にはずれの1ターンロスは爪カビにとって1vs2交換の成功率を大きく下げてしまう要因になる。

 

 

なみのり ⇒ ゴローニャサイドンを起点に。ネールも3発とまぁまぁ。

バンギにはじしんより弱いダメージ、エアフォレハッサムには不満が残る。

対ゴーストをのぞけば、じしんとだいもんじの中間のような万遍ない範囲とダメージ。

地味にツボツボドンファンプテラあたりの、ふつうなかなか手が届かないところには効果的。ノーマル+水=無差別破壊コンビネーションの強みか。

だいもんじに比べて、威力は低いが命中率やPPは優秀。

 

 

・電気技 ⇒ エアパルシェン狙い。マヒを狙うならでんじほう・かみなりだが、残飯カビと違い、試行回数は稼ぐことはむずかしい。

 

ばくれつパンチでんじほう ⇒ さすがに運ゲー過ぎないか?

 

いわなだれれいとうビーム(ふぶき、こごえるかぜ)⇒ メガ進化してから使ってください

 

というわけで、個人的には

本命⇒だいもんじなみのり

次点⇒じしん、シャドーボール、電気技

大穴⇒れいとうビーム、こごえるかぜ 

ってところだろうか。

パーティの構成や方向性でその可能性も大きく変わってきますね!

 

 

②メイン技の変更

爪発動を重視したり、みがわり意識でメイン技をおんがえしやすてみタックルに変えて火力をあげるのもあり。

とくに50カビをみがわりの起点にしてくる55はらだいこカビには、爪発動で相手の行動を不確定にすることができる。

高火力特殊エースや草ポケモンを事故らせることも狙える。

 

対ナッシーでは、50カビののろい1積みすてみタックルで50おうごんナッシー+やどりぎ回復1回分をなんと確定2発!!

よってのろい積み際のあと出しナッシーに事故を狙える。

ナッシー側やどりぎ⇒眠り粉と動いた場合、眠り粉外し or 爪発動 or 1発目急所の確率は約46%。

 

 

●せんせいのツメ・先行研究との比較

せっかくなので、これまでのせんせいのツメを用いた考察や型と比較してみました!

(ほとんどstoicさんに教えてもらいました! ありがとう!!)

他世代記事で金銀勢の名前をみるとテンションあがるな~↑↑

 

第二世代

せんせいの爪ハピナス 2012-10-27 - あやみがなどほろべばいい

先制カビゴン: ポケモンわんおー日記

 

第三世代

爪の有効性について、とくに爪サンダーについて - stoicのポケモンGBAメモ帳

爪バクーダ関連前編。 - トキワのミドリ - しゃわのポケモン記 -

 

第五世代

爪バンギ 2012-01-01 - 日々徒然

爪じわれカビ 2011-08-14 - 日々徒然

 

第六世代

メモ:ツメバンギ - 野生のライコウは逃げ出した!

爪バンギの配分と技 - 野生のライコウは逃げ出した!

 

☆他の型と比べると・・・

・寝言や回復技持ちで試行回数を稼ぐタイプじゃなく、短期的な事故密度(重要!)を上げているタイプ

・回復型と違い、爪がいつ発動してもデメリットにならない

・のしかかりが状態異常技も兼ねていて、爪発動と掛け合わせている
・のろいで短期間の耐久と火力を上げて 

 ⇒ じばくで1vs2交換

 

爪カビは他のせんせいのツメを用いた型と比べて、この辺りに特徴があるんじゃないでしょうか。

 

一方で持ち物は違うんだけど、最新世代の対戦環境であるパサーさんの実況配信をみて、爪カビって魔界のカビゴンとやってること似てるよな~、と思ったり。

元の型が近いのもあるけど、現行の第二世代と、まったく仕様や環境が違う最新世代で、同じような狙いのカビゴンがいて、しかもどちらも第一線で活躍できるってすごくないですか!?

ポケモン対戦って、世代が違ってもつながってるんだなぁ・・、としみじみ。

ポケモン対戦って、やっぱりおもしろいね!!